FC2ブログ

やっと

河川の災害復旧工事ですが、やっとこ軌道に乗ってきました

着工前は安易に考えていましたが、手をつけてみると、地盤が軟弱で

山が自立せず、小規模な崩壊を起こしておりました



着工前

DSCF0997.jpg


既設コンクリート取壊し

IMG_1291.jpg


既設コンクリート取壊し完了

IMG_1300.jpg

地山というより堆積した土砂という感じです

硬い粘土の上に柔かい粘土が乗っていて、粘土と粘土の間に

雨や雪が溶けた水が入りこみ柔かい粘土が滑って崩落する

非常に厄介な土質です


床掘

IMG_1351.jpg

上の駐車場からですと約5.3m位下がります、かなりの落差があります

法肩付近にもクラックが発生してきています


小規模崩落

IMG_1406.jpg


基礎工

IMG_1371.jpg

ここでは砕石の代わりに均しコンクリートを打設します

基礎コンクリートを2日後打設しました。

養生中、それは起こりました


崩落

IMG_1386.jpg

なんとかもって欲しいと祈っていましたが、雪の影響でしょうか、山が落ちていました

基礎コンクリートは、動いていないようですが、土砂を撤去しなくてはいけません

年内は手をつけず、シートで養生して終わりました

1月6日仕事始め、土砂を撤去します、結構な土量でした

正直1日では終わらないかな、と、思いましたが

邪魔になる部分だけ取り除き、次の日からブロックを積むことが出来ました

この先天候も、雨マークが付いていないので、なんとかなりそうな感じです。


軌道に乗り始めました

IMG_1416.jpg

間知ブロックをあと16段積みます、1日多くても2段しか積めないので

単純に8日はかかるでしょう、1段の時もあるので、25日頃までかかりそうです

その後、上流側を同じように施工します。



私がまだ20代の頃、ダムの取付け道路の工事で、山を(100m3)落としたことや

河川の工事で県道を(30m)落として、通行止めにしたことなど、思い出しました

そのつど、人や車が巻込まれなくて良かったとホッとしています。(人に言えることではないのですが・・・)

この仕事は、そういったリスクと常に隣り合わせの仕事なんだと、実感させられます。
スポンサーサイト